最近の若い世代の人というのは、あまりお墓に対して関心を持っておらず、適当に選んでしまっている人が多くいます。
これから家族全員、また親戚が訪れる場所なのですから、適当に契約をしてしまわないようにしてください。 決して安い買い物では無いお墓ですが、お金の問題だけではなく長い付き合いになりますので慎重さが必要です。
条件の悪い管理状況や、オプションが納得いかないようでしたら立地条件が良くても選ぶべきではありません。関係者が一同に集まる日にお墓を建てることで、様々な手間をある程度省くことが出来るでしょう。
法要の時以外に建てない方が無難だという話をよく聞きますが、いずれも確かな根拠はないのです。一般的にお墓を実際に建てる時期に決まりは定められていませんが、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などといった特別な日に建てることが多くなっています。
また一周忌に合わせてお墓を建てることが多くなっているようです。日本ではお墓を建てる時期に特別な決まりは定められておりません。
実際に遺骨を10年も自宅で保管をしている人もいるくらいなのです。



決まりはないお墓を建てる時期ブログ:2017-06-15

特定の食材だけを食べ続ける
「単品ダイエット」という方法がありますが、
これは良い効果が現れない上に、
体の調子も崩してしまいがちです。

ちょっと前に、
「りんごダイエット」って流行りましたよね。

このダイエット方法は、
りんごと水以外は一切口にしてはいけないという
かなりきついダイエットです。

私の友人は、
がんばって21日間続けたそうですが、
確かに体重は減りましたが、見た目はガリガリで美しくなく、
常に空腹の状態で体力がすっかり落ちてしまったそうです。

そしてりんごダイエットをやめた後は、
結局すぐにリバウンドしてしまい、
体調がものすごく悪くなってしまったそうです。
元の健康な体に戻るまで、とても苦労したようですよ。

他にも、
ゆで卵ダイエットやグレープフルーツダイエット、
パイナップルダイエットなど
有名な単品ダイエットがありますが…

これらのダイエット方法は、
極端に摂取するカロリーが減少しますので、
体重を短期間で減らすことはできるものの…

ひたすら同じ食材ばかりを食べるということで、
栄養が偏ってしまい体調を崩してしまいます。

摂取するカロリーがあまりに少ないので、
体が軽い飢餓状態だと認識して、
十分なエネルギーを脂肪細胞に蓄積しようとします。

そして、
ダイエットをやめて普通の食生活に戻ったとたんに
リバウンドを起こしてしまいます。

このような「単品ダイエット」は
できれば行なわないほうがいいと思います。

規則正しい生活をして、
バランスの良い食べる事を摂り、
適度なトレーニングをしてダイエットすることが
一番いい方法だと思います。