「さぁ、生前墓を建てるお墓を探しに行こう!」と考えたら、まずはお墓の基礎知識を学ぶようにしてください。
お墓管理者の話を聞くのも大切なのですが、ある程度自分自身でポイントを抑えておくことも大切なのです。 自分が所有をしている土地であったとしても、その場所に遺体を埋葬したり、埋蔵をするようなことは法律で禁止されています。
ちなみに墓地を作るには都道府県知事の許可が必要で、認可された土地のみお墓として利用することが出来るのです。「墓地、埋葬等に関する法律」が定められており、これは遺体や遺骨の埋葬、埋蔵、収蔵などに関係する規制です。
このことから墓地以外の場所には埋葬や埋蔵をしてはいけないこととなっています。先祖代々からの寺院のお墓を持っていれば、墓地を探す必要が無く墓石選びや墓石の形を考えれば問題ありません。
郷里から都会に出てきた人達は、まず最初に墓地探しからスタートという形となります。



お墓は好きな場所に建てられるワケではないブログ:2017-10-31

置き換え減量には、
向いている人と向いていない人がいるようです。

例えば、
1回の食べる事量や間食が多いために
摂取エネルギーがオーバーしている人は、
置き換え減量をすると効果が出やすいでしょう。

食生活が乱れている人も、
置き換え減量をきっかけに
食生活を改善することができると思います。

また、
置き換え減量では
一食抜くような無理をする必要がないため、
「夕方食抜き減量」など
強引にカロリー制限をする減量が
長続きしない人に最適と言えます。

置き換え減量は、健康的な減量ですので、
リバウンドしやすい無理な減量を望まない人や、
急激な減量を望まない人にもピッタリです。

一方、減量を始める段階で既に痩せているのに、
更に痩せようとしている人にはあまり向いていません。

置き換え減量は
少しずつ体重を落としていく方法ですので、
既にそれ以上痩せる必要のない人にとっては
思ったほどの効果が期待できないでしょう。

また、今まで色々な減量に失敗した結果、
基礎代謝が低下して
太りやすい肉体になっている人にも向いていません。

置き換え用の減量食品によっては
上手くいくかもしれませんが、
その商品の選択を誤ると
さらに基礎代謝の低下を招いてしまう危険性があるからです。

基礎代謝が低下すると
ますますリバウンドしやすくなる可能性があるので、
この場合も
なるべく置き換え減量は避けた方がよいでしょう。