いつでも気軽にお墓参りをすることの出来るお墓を見つめることが最も大切なお墓選びとなります。
しかしどんなに近くても管理がしっかりとされていないお墓では後々後悔してしまうこともあるのでご注意ください。 お墓をセット販売で売り出しているケースが多いですが、その場合には様々な規制があることも考えられますので、事前にしっかりと確認をしておくようにしてください。
ちなみに石材店では具体的に建墓するという仕事と、アフターケアをするという2つの役割があります。よく折込広告や看板などで「一般墓地(1u)総額150万円」と表記されているのを見かけたことがありませんか?
これはお墓の加工工事全般と墓地の永代使用料のセット販売という意味を持っています。指定石材店は、その墓地の様子を熟知し信用することの出来る業者と考えられるなどメリットもあります。
特に民営のお墓では、墓石の加工工事だけに限ったことではなく区画販売とセットとなっている場合もあります。

杉並区 賃貸は当サイトへ
http://www.gulliver-nakano.jp/



石材店の賢い選び方と指定石材店ブログ:2017-08-17

冬の午後、
わたしか夫のどちらかが思い切って誘う…

「行こうか」
「えっ、うっ、うん」

用意は簡単、
棚にあるそれぞれのプール袋を持ちさえすれば出発だ。

性格、趣味、正反対のわたしたちにとって、
唯一同じ水泳というスポーツを共有できることは、
神に感謝したいくらい嬉しい。

経験者の読者様ならご存知だろうが、
泳いだ後の心身スッキリの爽快感は本当に格別!

しかし、
いくらそれがわかっていても、
冬の腰は格別に重く、一人では到底上がらない…

水泳の効用は年齢を問わない。
まして中高年以上にとっての利点は
星の数ほどあるだろう。

一つは、なんと言っても心地よさ。
泳ぐ気力がないときでも、膝を抱えてプカプカ浮いているだけで、
体質全身の力が抜けて幸せな気分になれる。

わたしたちはみな生まれる前の10ヶ月前後を、
ママの体質の中の羊水で過ごしていた。
そんな事実までが、ふと思い起こされそうな心地よさだ。

二つ目は、トレーニング効果。
ストレッチ風、整体風、筋力増強風…
これ程自由自在に、しかも徐々に動かせるトレーニングを
わたしは水泳以外に知らない。

三つ目は、水圧と水流。
ありがたいことに水中にいるだけで内臓に適度な水圧がかかる。
だから歩いたり泳いだりするだけで、
わたし全体に指圧マッサージが施されているようだ。

四つ目は、肺活量と心臓の鍛錬。
自己流でも水泳に親しんで6ヶ月もすると、
自分に合ったスピードや息継ぎで長く泳げるようになる。

わたしが長く泳げるようになったきっかけは、
「頑張りすぎないで、気持ちよく泳げばいいのよ」
とかけられた一声からだった。

気持ちよく長く泳いでいるうちに、
体力の源とも言える肺と心臓を鍛えてくれるのだから、
なんて嬉しいトレーニングだろう。