民営のお墓は価格が割高に設定されているブログ:2015-05-03


アンチエイジングには、睡眠の質が重要だと言われていますが、
減量にも同じことが言えるんですよね。

健康的に減量をしたいという方は、
間食やカロリーの高い食べる事を摂らないようにするだけでなく、
夜更かしもしないようにすることが大切です。

特に注意したいのは、
肌のゴールデンタイムと言われている、
22時から深夜2時までの時間には、
ぐっすり眠っていることです。

この時間は、
からだのダメージも回復するので、睡眠がきちんとできれば、
からだも免疫力が高く、カロリーも円滑に消費されるからだになっていきます。

起きていて動いている方が、カロリーを消費しやすいのは事実ですが、
睡眠の時間は「痩せやすいからだ」を作る時間です。

22時から深夜2時までの時間に眠っていることは、
成長ホルモンが活発に分泌されてるので、
免疫力をアップさせる効果もあるのです。

免疫力がアップするということは、
それだけ基礎代謝も上がりますから、
痩せやすいからだになっているということです。

さらに、13時に摂ったカロリーよりも、
21時のカロリーのほうが蓄積しやすいので、
減量をしている人は、
21時のカロリー摂取は敵だと思った方が良いでしょう。

仕事で夕方食が摂れなかった時など、
お腹がすき過ぎて眠れない場合は、豆乳ココアをお勧めします。

ココアは、血糖値が緩やかに安定するので、お腹も満足しますし、
豆乳には美肌効果がありますから、良いことづくめなのです。

豆乳やココアが苦手な人は、
くだものを生で少量を食べるのであれば、
消化に酵素を使わないので、睡眠に入るからだに負担をかけませんよ!


オルニチン サプリメントの最新情報
http://www.suplinx.com/shop/g/g071-00122/

紙袋は当サイトへ
http://ino-ue.jp/

アレキサンダーアンドサンの紹介
https://www.expedia.co.jp/Alexander-And-Baldwin-Sugar-Museum-Hotels.0-l6152665-0.Travel-Guide-Filter-Hotels

ビタミンE
http://www.suplinx.com/shop/g/g071-00906/